2011年01月11日

アフリカ北西部のニジェールで仏人2人誘拐


フランスの旧植民地であったこの国で今何が

 ニジェールでフランス人2人が誘拐されたという報道があった。フランス当局はアルカイダの仕業と断定していた。この記事を書こうとしたが、一体ニジェールが正確にどこにあるのかさえ私にはつかめないでいる。アフリカを舞台とした野生の動物の話にニジェール川が登場するが、この川がどこにあるのかさえ定かでない状態で見ていた。

  そんな中でまずニジェールという国を調べることから始まった。アフリカの北西部にありサハラ砂漠の南縁にある国であることが分かった。北のほうにはアルジェリア、リビアがあり、西にはマリ、ブルキナ・ファソ、南にはベナン、ナイジェリア、東にはチャドという国に囲まれた内陸国であることが分かった。

  昔はフランスの植民地であったことが分かる。このニジェールとナイジェリアは本来同じところを示す言葉で、ニジェールはフランス、ナイジェリアはイギリスが植民地支配していた。そのため別の国として発足しているだけという。こんなことが植民者により行われていたことを知ることにより、複雑な思いがする。

  こんなニジェールで「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ系の組織」が犯行声明を出したという。フランス軍の特殊部隊とニジェールの治安部隊がマリとの国境付近でアルカイダ組織を追跡し戦ったが失敗してフランス人2人は殺害されたという。こんなフランス人を狙ったテロは2010年9月にも起きている。

  ニジェールは80%がイスラム教徒で、世界の最貧国だという。地震が起きたカリブ海のハイチもフランスの植民地であった。今もこれらの人は貧乏で苦しんでいる。それでもニジェールにはウランが多く産出するので,仏核燃料公社があって、2010年9月のアルカイダの襲撃はこの会社の人間だった。






posted by 想念の人 at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

スーダンで南部独立を問う住民投票始まる


スーダン南部の独立か残留かの住民投票開始

 スーダンはアフリカ最大の面積を擁する国だが、スーダン内戦をイスラム教徒である北部のアラブ人とキリスト教である南部の黒人が2度にわたり闘った。その和平条約が2005年に締結され、その際今年にこの南部の独立か残留かを問う住民投票で、その去就が問われることになっていた。

  9日から約1週間掛け15日に投票が締め切られる。日本のマスコミの予測は独立を望む人たちが多く、南部は独立を勝ち取ることだろうという予測を立てている。南部の有権者登録者数は390万人といわれるが、そのうち200万が北部に住み、スーダン国に残留したほうがいいと考える南部出身者が沢山いるという。

  北部のイスラム教の指導者がイスラム法を国家理念に掲げるため、なかなかキリスト教徒折り合いがなかなかつかず、結局はアフリカ第54番目の独立国になる公算が多いといわれる。しかし石油は沢山産出するが、これを北部の地中海までの送油管は北部が握っている、

  そんなことで独立してからも、逆に北のスーダンとより緊密に話し合う場面がもっと生じると言う観測も出ている。いずれにしても民族問題、宗教問題、石油など利権にまつわる話が横たわり、独立し別々で暮らすというやり方でないと解決しないということは残念です。これが今の地球上で暮らす人類がいつも遭遇する壁ですかね。今後を見守っていきたい。




posted by 想念の人 at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

ジャパンシンドロームについて


少子化と高齢者の増加傾向をさす言葉

 日本では20年くらい前から国力の低下傾向が続き、これでは不景気となり働く場もない。そのため子供がほしい人まで子供を作る気風すらない。老人が増え働く人が少なくなっている。こんな状況に政治は内紛を起こし、国内がひとつにまとまっていない。国民がどうすればひとつにまとまるのか、そんなテーマが求められているはずである。

  ところが政治の世界では、金にまつわる小沢一郎の政治生命を絶てば何とかなるというくらいに考え、相手の非を鳴らし、国民がだんだん小さなことにエネルギーを費やしている気がする。まとまる話ではなく分裂のほうに向かっているということだ。いつまでも不明朗な金があると騒ぎ立て、大事な問題がおろそかになることを憂う。

  お金のことを言えば、私は政治家があんなに恵まれた待遇をされていいのかと思う。もらう政党補助金をまず止めるべきだと思う。しかしこれをもらって政治家をやっている人にとっては死活問題だろう。国民団結にはこの廃止が邪魔になるならば、敢えてこの問題は先送りしていい。

  意見の合わない、色々な考えの人たちとまじめに話し合ってどうすれば元気な日本になれるのかその道を探りたい。NHKなどで行われている公開討論など、他人の考えを聞くというより相手の非をぶち上げるような討論は聞きたくもない。あんな討論会は百害あって一理なしという感じだ。

  今必要なのは静かな話し合いが行われる雰囲気がほしい。ジャパンシンドロームという、機能不全になった日本をみんな心配している。それだのにどうすればこれから脱することができるのか、一向に国民の合意形成ができていない。右も左も、老いも若きもそのために結集する必要があるのではないか、そんな思いに駆られる。




posted by 想念の人 at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

「思的生活を垣間見る」リンク目次が12月まで完成


やっと
201118日にリンク作業は終了

2010年の12月まで、私が書いている「思的生活を垣間見る」のブログで書いた記事すべてにリンクを設けることができました。なにしろ現在1440回の掲載回数があるので、これをリンクするのは大変手間のかかることでした。もう通り過ぎた役に立たないものもあります。けれど残しておきたい記録もあるのでこんな作業を思いつきました。

 このブログで「藤田健君の世界ヒッチハイク」が282回にわたり掲載しています。また「シベリア回想録」も103回にわたり掲載しております。藤田君のヒッチハイクは非連続掲載であったので、折を見てひとつに連続で見られるようにしたいと考え、同じくシベリア回想録もこれだけでまとめてみたい。こんな構想が沸くリンク作業でした。

 
 下の項目がこの「思的生活を垣間見る」ブログのリンク目次が入ったブログです。
 

「思的生活を垣間見る」掲載記事リンク目次集


posted by 想念の人 at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

パキスタンでMQMが連立離脱で過半数割れ


アフガニスタンの情勢に深くかかわるパキスタン

 今アフガニスタンとパキスタンの国境地帯では部族が支配する地域がある。ここにアルカイダがいるというので、米軍はここに越境攻撃を加え問題になったことがある。今は無人機を飛ばしここを連日攻め立てているようです。今の政権は無人機の攻撃は黙認の立場のようだ。

  いれにしてもアフガニスタンにおける戦争には、パキスタンが重要な役割りを果たす。そのパキスタンの政情が非常に気にかかるところだ。そのパキスタンで燃料代、つまりガソリンなどの値上げが行われた。これに反対した連立相手のMQMという政党が連立から離脱したという。

  そのMQMの正式な名前はムータビダ民族運動という政党で議会には342議席中25議席を有する政党です。この勢力が抜けることで今の政権は過半数割れを起こしたという。新しい連立相手がすぐに見つかるか分からないが、パキスタンがこんな状況であることが分かったのでレポートしておきます。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

スエーデンで移民やイスラム教徒への迫害


高福祉で幸せのはずの国民がなぜこんな差別をするのか?

 咋日朝日新聞を図書館で見た。それによるとあの福祉対策が成功しているスエーデンで、非白人の「移民・イスラム教徒」がひどい目にあっているということを知った。銃撃にあって殺されたり、モスクの焼き討ちが続き、2回も同じモスクが全焼させられたという話も書いてあった。信じられないようなことが起きている感じだ。

  高負担、高福祉で成功している国として、私はわが国がこんな制度を導入したらいいのではないかということを提唱してきた。ところが伝えられる話と現実は大分乖離しているのかな、この国を見るのにもっと冷静に判断しなくてはならいという気がした。 

 スエーデンでの話ではないが、隣の国フィンランドも同じ北欧の高福祉の国だ。この国も教育でも成功しているという話だったが、確かこの教育に疲れたのか、高校生くらいの学生が銃乱射事件を起こしたり、大人が恋に破れて銃を乱射した事件があった。高福祉の国でも問題があることを知りショックであった。
 

 こんな少数派の移民は労働力不足のときに受け入れ、また平和国家として紛争がある国からの難民として席極的に受け入れてきた国です。今こんなスエーデンが誇りにしてきたテーマをかなぐり捨てるような人たちが多くなっているという。「移民・イスラム教徒排撃」を掲げる極右政党の躍進とこの問題は表裏一体かもしれない。

  こんなことをすればますます人類は大きな付けを背負うことになるかもしれないと私は思う。「対立から融和」へ舵を切るべきだと思う。自分が正しいと思ってやることでも、相手にしてみればとても嫌な事だってある。そんな相手の立場に立って考えれば、こんな対立を助長するようなことは少なくなると思うのだが。


2008
0925 北欧フィンランドでまた銃乱射

 

20100103 フィンランドの商業施設でまた銃乱射、4人が死亡





posted by 想念の人 at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

エジプトでキリスト教会が自爆テロに


コプト教徒というキリスト教を信じる人たちが犠牲に

 
 エジプトのアレキサンドリアという、地中海に面した大きな都市で自爆テロがあった。巻き込まれたのはコプト教というキリスト教を信じる信者たちで、1月1日の元日の集いを教会で行った人たちが狙われた。死者は21人と大変多くの方が死亡している。

  エジプトはイスラム国でキリスト教を信じる人は少数で、原理主義イスラム教の人たちが、ほかの国でひどい目にあうイスラム教徒の仕返しにこんなテロ事件をやっているのだと思うが、まだ犯行声明はない。。ブッシュ米大統領が始めたイスラム過激派との戦いが、今度はイスラム教徒対キリスト教徒との闘いになっている。

  イスラム過激派はブッシュ大統領が進めたアフガンやイラクへの侵攻をイスラム教徒への迫害と受け止め、キリスト教徒と闘うという点をはっきりさせている。こんなブッシュが起こした戦争と無関係なキリスト教徒が犠牲になっている。気の毒な話でこれはどうにかしなくてならない。




posted by 想念の人 at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

NHKで二つのギニア高地の放送があった。


「南米周遊165日の旅」「グレートサミット」

 いずれも南米ギアナ高地を徒歩で登った旅であった。今もこの熱帯にある秘境は多くの方が見たいと思っていたことだろう。私もじっくりと徒歩で歩いていくこの旅の展開を楽しんだ。50キロの道のりを3日間もかけて進まなくてはならないほどここは秘境であった。 

 「南米周遊165日の旅」は、トラックを改造して旅人がゆっくりくつろげるような空間に作り上げている。この旅は費用を安く上げるため、自炊や野外のテント生活などをする旅である。アフリカなどでは既に運行済みで、今はシルクロードなどでも行われている旅形式という。

  全行程を旅すれば165日かかるが、お金と時間、それに体力があればピースボートの船旅などより私は面白いのではないかと思う。1日2食は会社が面倒を見ることになるが、後は自分が調達しなくてはならない。こんなところが旅の面白さが出ると思う。この旅の最後にギアナ高地を登ったのである。

  もうひとつは山を取り上げた「グレイトサミット」という番組で、秘境の山として学術探検をかねたものであった。登山としてはヨーロッパアルプスのような急峻さはないが、まだ秘境的な要素があるので人があまり入り込んでいないところを徒歩で行く旅であった。

  いずれの場面でもここが大変大きなところであることを感じた。この台地を作る山が何百もあるということだ。いつもここを紹介する番組は一番大きなテーブルマウンテンだけに終わっているようだが、この後背地には沢山のテーブルマウンテンがあるということが分かった。




posted by 想念の人 at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

ヤフーとグーグルが検索サービスで統合


既に統合に入ったのか同じ検索結果がでる

 昨年7月にヤフーとグーグルが検索の中核事業で合意ができたと発表があったということだ。これに対し検索サービスの独占は危険だと、東大先端科学技術研究センター教授の玉井克哉氏が、12/28月付読売新聞の「論点」で、検索独占の危険性を指摘している。私もこのところ両検索会社の検索結果を見て、同じ場面が出てくるので何かおかしいと感じていた。

  やっぱりもう既に統合して検索結果を両者とも掲載しているから、同じ場面が出てきているというのだと思う。今まで日本では圧倒的にヤフーが強かった。私の書いているブログも、ヤフーでは検索できたがグーグルでは最初はなかなか検索に引っかからなかった。両検索会社ががんばって競争してほしいと思っていた。

  この危険性とは検索方法が公開されないということです。アメリカでは過激な新興宗教から子供たちを取り戻そうとする親たちが、その宗教団体を検索しても表示されない現象が起きている。検索を提供する会社に不都合な情報が検索できない事態は、「グーグル八分」とよばれているということです。

  こんなブラックボックスがある検索会社に任せておいていいのかという点も問われている。世論操作も可能になる。それだけに中国や韓国は国産の検索会社を育てるようにしているということです。しかし日本はそんな動きはない。公正取引委員会も、ヤフーとグーグルが検索統合でお伺いを出したが問題なしと処理している。こんなことが「論点」に書かれていた。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

イスラム教徒とキリスト教徒の争い2件


ナイジェリアとイラクでキリスト教徒が狙われた

 ただでさえ違う宗教では仲がよくないが、テロとの戦いを進めたので庶民は、テロ勢力と穏健なイスラム教徒とは区別しないで差別や迫害を行う。そうしたことを聞きつけたイスラム教徒がキリスト教徒に攻撃を加えても不思議ではない。今こんな不穏な動きが少しずつできている気がする。

  元日の新聞には2件のキリスト教徒を狙ったテロ事件が発生している。ひとつはアフリカのナイジェリアで起きている。ナイジェリアはアフリカ西部の奴隷海岸に位置する国で、人口はアフリカ最大で1億5千万人である。イスラム教徒5割、キリスト教徒4割、土着信仰1割ということである。

  そのイスラム教徒は国の北部に住み、キリスト教徒は南部に多く住む。南部には石油が産出され、これをめぐり争いが絶えない。今回北部のイスラム教徒がキリスト教徒を襲って沢山のキリスト教徒が死んだという。その争いの原因や背景など私にはよく分からないが両宗教同士の殺し合いとして映る。

  もうひとつの事件はイラクで起きている事件で、イスラム武装勢力がキリスト教徒宅に爆弾を仕掛け、これが爆発して死者が出ているという。宗教を信じるものが他宗教のものと争い、殺し合いをするということは私には到底理解に苦しむ。日本人は仏教思想になじんできているので、こんな他宗教の人をこんな目に合わすことはないはず。

  昨日の記事でイスラム過激派との戦いが、イスラム教徒の戦いになっていると書いた。戦場だけでなくいろいろな国でこんな事件が起きる可能性がある。多分昨年だったと思うがインドネシアのキリスト教徒とイスラム教徒が争って死者まで出たことがある。ブッシュ大統領はこんなことを想定していたのか、大変な争いにならないことを望む。




posted by 想念の人 at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年の年頭に当たって


2011年 明けましておめでとう

 今アメリカではイスラム教徒に対する迫害やいろいろな面で「嫌イスラム化」が起きていると正月の新聞は伝えている。アフガンやイラクでのイスラム過激派とのテロ戦争が、イスラムへの嫌悪、迫害へと進んでいるようだ。ブッシュ政権が進めたテロとの戦いがもっと困難なイスラム教徒との闘いに変質してきていることを知る。

  ヨーロッパでも移民排斥の機運が盛り上がり、極右政党が躍進し旧植民地からつれてこられた古い移民や、働きに来た新しい移民が今までのような扱いを受けられなくなってきている。これもブッシュ大統領が意図したテロ勢力との戦いを超えたイスラム教徒との戦いになってきているようだ。

  欧米は先進国としてまだまだ経済的な地位は高い。だがこんな高い地位に安住して、自分たちに攻撃を加えるイスラム過激派と敬虔なイスラム教徒を区別しないようでは先が思いやられる。こんなテロ勢力も力でなく政策で活動を抑止するような政策が取れないものか、と私はこんなことを考える。

  これまでアフガンでテロとの戦争をやればやるほど、現地のイスラム教徒からの反発が増幅するような戦争をしてきた。それは平気で現地住民を巻き込んだ戦争をして、犠牲者を増加させてますます戦争をやりにくくしている。こんなことを私はたびたび指摘してきた。

  戦場のアフガンやイラクだけでなく国内でもイスラム教徒をいじめているということだ。これでは今はまだ力が強いからいいが、イスラム教徒は相当の数だ。こんなイスラム教徒を大変侮辱した事件がオランダであった。あの福祉が充実したオランダでだ。いわゆる「ムハンマドの風刺画」事件だ。

  自分たちが信仰しないからといって、他宗教の悪口を公然と風刺しては、この宗教が大事と思ってこれを信仰する人にとっては憎い相手となる。できるだけいい隣人でありたいならこんなことには触れないようにしなくてはならない。言論の自由もここまで来ると問題である。

  私は無宗教の立場でこの問題を眺めているが、人類が狭い地球上で仲良く暮らしていくのには、こんな他人が大事にしていることに自分の見解があっても、敢えて触れないほうがいいと思っている。こんな異なる体制、宗教がどうすれば仲良く暮らせるだろうかということを、今年も追いかけてみたい。




posted by 想念の人 at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。