2011年03月11日

リビア問題に隠れエジプトでも問題が起きている


若者を中心に治安機関の責任を問うデモが続く

 11日は東北地方太平洋沖地震があった。私もこの地震であまりブログを書く余裕がなかった。ようやく地震から7時間も経過したので少し落ち着いてきた。いまエジプトではその後すっかり落ち着いたかのようだが、この状況は決して安定した状態ではないということが分かった。

  産経新聞でこのところ途絶えているエジプトの話題が掲載されていた。それは国家保安捜査局(SSI)という治安機関に関わる組織の話題であった。ムバラク政権の独裁体制を守るために、50万人が関わった治安組織があったという。今この組織では証拠隠滅のため焼却や廃棄が行われているという。若者がこの証拠を取り戻す行動が起きているというのだ。

  この証拠を確保せよと若者数千人が4日から5日にかけデモを行ったという。それに対し軍が発砲していたという。真の民主化はこんなムバラク政権が行った巨大な弾圧組織の実態を解明することが必要です。それを若者が中心になり、この証拠物件を取り戻す行動をしているということだ。

  50万人も関わるこんな弾圧組織の責任を問わないでは、真の民主国家ではないと立ち上がったことだと思う。この組織では過去の記録を消そうとする。それをさせない為にデモ隊がこの建物に侵入し証拠を確保し、ネットでこれを公開してその悪事を暴いているという。これに軍がこんなことをされては困ると発砲しているというのだ。

  こんなエジプトのこのSSIの組織の被害者と若い民主化を求める勢力が軍人と衝突したと受け止めている。これこそが真の民主化への道だが、軍人たちはそう簡単に自分たちがやったことの非を認めたくはないはずです。それだけにこんな激烈なせめぎ合いをしていると考えられる。






posted by 想念の人 at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

このブログも3月8日に投稿回数1,500回に達す


リンク目次も完成し、これからも投稿を継続

 「草と闘う」に続きこのブログ「思的生活を垣間見る」も2011年3月8日に掲載回数が1,500回に達した。もう5年目に差し掛かっている。つたない自分の力だが、こんな個人しか伝えることか出来ないというようなものを感じる。私の影響力が小さいから、社会で大問題にならず自分の考えを主張できているとも感じる。

  もし私の記事が世論と違い、しかも影響力を持つとしたらこれを何とかしたい人たちが出てくると思う。社会の片隅でひっそりと自分の考えを述べておられる自由を現在満喫できている。毎日の訪問者は100名程度で、これからもこの人たちに向け自分の思いを語っていきたい。

  この間ウイキリークスの記事を書いたとき、「ウイキリークスとは何か」という疑問が沢山の方がもったらしく、1日の訪問者が600〜700件に上った。このウイキリークスの活動していることを書いただけでも、この報道で迷惑を受ける立場の人もいる。そんな立場の側にしてみれば私の存在が気になると思う。

  そんなときにパソコンが不調に陥った。何気ない世界の珍しい気になったことを新聞記事から見つけて書いても、今の時代はあまり新聞を見ない時代だから、ネット上では又別の話題に繋がった。そんな面でも私の書くミニコミの存在価値があるときがある、この問題をそう捉えたものです。

  記事を毎日投稿するということは、それなりに大変です。しかしやればそれなりに段取りもよくなります。まだしんどくて止めたいという気がしません。こんなミニコミだから逆に必要でないかということも見えてきた。これからも個性を出して書いていこうと思うし、掲載が終わったものは見やすく整理したいと思う。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

大統領選世論調査でフランス極右が首位の23%


娘を党首としたルペン父前党首のソフト化路線成功か

 フランスでは来るべき大統領選の世論調査で、極右の党首が1位で選ばれたという。まさかフランスの極右政党が1位で選ばれるとは誰も思っていなかったということで、日本の新聞でも大き目の扱いとなっていた。立候補が予定されているサルコジ現大統領、野党第一党の社会民主党の21%を超えて、このルペン女性党首が23%で、世論調査では一番人気があったということだ。

  過去の新聞でフランス極右の党首交代の記事を見ていたが、ここ時にはルペン党首が娘に党首を継がせるという話題だった。その際今までの政策に手を入れ、もっと幅広い国民の支持が得られるように政策変更をしていくということが書かれていた。まさか極右という極端な主張を持つ人たちを、フランス国民の支持が高まると思っていなかったので驚いている。

  フランスも労働不足を補うために、いろいろな国から労働者が来ている国だということが、この国を訪れると容易に理解される。それだけにこの国で働くフランス人の中には不景気なこのごろ、移民が自分たちの職をうばうとして、これら労働移民に対する反感が高まってきている社会情勢がある。

  そんな一般人の思いとフランスの世界的な地位低下が移民やイスラム教徒排撃に結びつく。こんな流れが極右台頭の原動力となっているのだと思う。しかしこんな排撃行為は逆に世界からの孤立を招くことになると思う。他民族の文化を尊重せず自国の文化だけが一番とする考えでは、あまりにも独りよがりでしかないではないかと思う。

 

 かつて文化や芸術を愛する国民として世界から尊敬されたフランス人が選ぶ道としては、あまりにも短絡的な選択ではないかと、こんな選択に目を覆いたくなります。これが現実としたら、何だ、フランス人も普通の人たちであったのか、そんな気がしないわけでもない。

 そういえば今フランスで暮らしている移民は、確か旧植民地からの人が多いはずです。この人たちは使い捨てしてもなんともないからではないでしょうか。日本はことあるごとに過去の殖民政策をわびているが、欧米から過去の植民政策に対する反省話を聞いたことがない。私は欧米のこんな姿勢はあまり好きではない。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

リビア問題におけるトルコの対応


EU加盟を諦めたのか、トルコの対応が変わってきた

 トルコは米ソの冷戦時代からアメリカに軍事基地を提供して西側陣営の一員として行動してきた。イスラム国ながらイランのような宗教国家を作ることがないよう、独立のとき独立の父といわれるアタチュルクが進めた政教分離の世俗的な宗教でいくことを守ってきた。そんな根本理念が周辺のイスラム国と違う国が作られてきたと思う。

 
 そんな歩みがイスラム国としてNATOにも加盟し、うまく行けばEU加盟ということも実現するのではないかという雰囲気がトルコ国にも生じていた。ところがイスラム過激派の登場とこれらテロ勢力との戦いの中でイスラム移民に対する排斥運動が、EU域内で活発化してきた。こんなイスラム教徒排撃がトルコの国民感情が変化するきっかけになっていると見る。

  このところのトルコのイスラム国としての行動が目立つ。それは欧米が嫌うイランに対する接近が目立つ。その大きな動きが3つほどある。一つは安保理でイランの低濃縮ウランを高濃度化の作業をトルコが自国で行い、ブラジルと共にこの管理を国際社会に見えるようにするのでやらして欲しいと提案したことがある。 

 この提案にイランも賛同したが、イラン制裁をなんとしてもやりたいという欧米が、中ロがこの提案に乗れるように妥協の提案をしたイラン制裁決議案が成立した。そのためトルコ・ブラジルの提案が否決された。このときこの欧米のイラン制裁決議案には中ロは賛成に回ったが、トルコ・ブラジルは反対に回った。

  この流れからトルコとイランは共同行動をとることが多くなったとも思えないが、それでも2月16日にはトルコのギュル大統領がイランを公式訪問している。今までにはありえないことが起っている。今回のNATO加盟国の間にリビアの禁止空域設定に対し、NATO加盟国としてこの禁止空域設定に反対したのはトルコであった。トルコが今までのトルコでなくなっていくことを感じている。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

リビアとチュニジア国境で何が起きているのか


国連でも「リビアが国境閉鎖」が問題と指摘

 政権崩壊が近いと予想されたリビアで、今何がおきているのか? 今までリビアで働いていた外国人が隣国チュニジアへの出国できない事態が起きているというのだ。今までこのチュニジア国境はまともに機能していたのか?そんな事情を私は知らないが、ここに来てリビア政府側が出国制限を加えているというので、これが問題となっているということだ。

  これまでの報道ではチュニジア国境に沢山のアフリカからの出稼ぎ労働者が国境に集まっている様子が報道され、食べるものが不足しているということが報じられていた。それでも命からがら国境を追われるという雰囲気ではなかった。これらの人にテントが用意されている風であった。これがチュニジア側かリビア側か私にはその場所の区別が付かなかった。

  いずれにしてもリビア側の意向が強く働き、出国制限が加えられているという。それが外国人なのか、リビア人を含んだものなのかよく分からない。とにかく制限が強化されたというのだ。このことは何を意味するのか、政権崩壊が止まり持ち直したことを意味すること何かということも読める。国連も懸念を示した。

  同じ国境でもエジプト側の国境は、外国人記者として日本のマスコミは案外スムーズに入国し、反政府側が掌握している東部のベンガジ市に行っていた。この際NHKの記者の話として入国管理官が職場放棄した代わりに、学生がボランティアとして職務代行してくれたと報道していた。東部ではもう既にリビア政権の入管業務は崩壊していたということだ。

  このようなちぐはぐ状態だが、現実はどんな風向きで動いているというのか。国際社会から反政府側への空からの攻撃が問題となっている。欧米ではイラクやコソボで設定した禁止空域設定が課題として登場してきているが、どうもいろいろな困難がクリアーできそうもないので、そのうちにリビア政権が勢いを増す動きになる恐れがある。そんな一端がこの出国制限なのか……………。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

イランの軍艦2隻がスエズ運河を通り帰国


シリア訪問を終え再びスエズ運河を通る

 イラン建国以来一度も地中海に出たことがなかったイラン海軍だが、今回エジプトの政権崩壊があったため、地中海に面するシリアまで行くことができた。おそらくスエズ運河は建前としては公共的な側面あるにもかかわらず、イランが通過したいと申し出があっても、実際はいろいろなことで通過できなかったと思われる。

  ムバラク政権崩壊後はエジプト軍の軍事評議会が全権を掌握し、アメリカやイスラエルとの関係を維持するという立場をとっているが、事態はかなり変わってきたようだ。それはムバラク以後のエジプトも、チュニジア同様ムバラクは追放されたが、内閣はムバラク時代と同じ状態できていた。国民はこれへの変革を迫っている。

  内閣改造を求める若者のデモが毎日のように続いているということだ。リビア情勢に隠れてこんな報道は表に出てきていない。しかしエジプトでは静かにこんな流れが進んでいるようで、近く首相が辞任し内閣改造が進むという報道があった。こんな力関係がイランの軍艦のスエズ運河通過という事態となってきていると見ている。

  イランの封じ込めを願っていたアメリカやイスラエルに取り、これは思わしくないことだろう。スエズ運河を自分たちの勢力だけで使うということはいかがなことかと思う。世界が仲良くしていくためにはこんなブロックだけの利益のために使うということにすると争いが激化する。こんな政策は早晩やめるべきだと思っていたが、通過料をいただけるエジプトにとってもマイナスなことではないはずだ。

 

20110226

イランの2軍艦がスエズ運河経由シリア港に



 
posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

オランダ水兵3人がリビア政府軍側に拘束


リビアの禁止空域設定の話題と共に

 いくらカダフィ大佐の自国民に対する攻撃が悪いとしても、リビア国民の中には外国が干渉戦争でカダフィを倒してくれと望まない人もいる。こんな欧米の世論がカダフィ大佐打倒行動をしたいという動きの中で、オランダの水兵3人がリビアで拘束されたというニュースが伝わる。

  オランダ国から伝わってきた情報だと、これは2人の自国民の救出に向かったヘリコプターの乗員であったという。リビア情勢が突然悪くなったわけでなく、各国にはそれぞれの駐在員がいたはず。中国は3万人余が駐留していてこのほど全員が帰国できたという報道があり、韓国1400人、日本100人であった。

  そんな中オランダがどうしてこんな形で救出に向かわなくてはならなかったのか、こんな説明ではどうも納得がいかない面がある。この国は石油や天然ガスが多く産出されているのでいろいろな利権に絡んだ裏がある気がする。ソマリアはリビアからそう遠くない国だが、ここは何もない国だ。イラクやリビアは資源がある国だからわけの分からないことが起きたと理解する事件だ。 




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

ドイツの空港でアメリカ軍人が襲われる


襲ったのはコソボ出身の青年

  昨日はキリスト教徒がイスラムに改宗し、過激思想になっていくドイツの若者の話を書いた。今日は多分移民であろうか、一時的ドイツに来たのであるのか分からないが、コソボ出身の青年が拳銃で空港の駐車場にいたアメリカ軍人を狙ってテロを行い2人が死亡、3人が負傷したという。

  私はコソボのことに関心を寄せ、コソボの人がどうしてドイツまでいきこんなテロお起こすのか知りたかった。そのためコソボのひとは一体どんな宗教を信じているか調べた。そしたらコソボ人はアルバニア人が多く、この人たちはイスラム教徒が多いということが分かった。 

 この青年がイスラム教徒であるとはまだ分かっていないが、コソボ住民の90%以上がアルバニア人で占め、アルバニア人はイスラム教を信じているという。テロとの戦いという側面が段々とイスラム教徒の中にこれに反応していく傾向が出てきているのか、そんな側面を感じないわけにはいかない。




posted by 想念の人 at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

ドイツでキリスト教からイスラム教に若者が


こんな宗教を乗り換えた若者がドイツでは250人も

 昨日は図書館でいろいろな新聞を見た。何新聞だったか忘れたが、ドイツでキリスト教徒からイスラム教に宗教を乗り換えた若者が,聖戦に出向くことがおきたという話が書いてあった。一人の若者はいろいろな国を経由してアフガニスタンまで出向き、自分たちのドイツの国も参加する勢力と戦って死んだという青年がいたという話が書いてあった。

  またテロを起こし逮捕されている青年が裁判になっているということが書いてあった。こんなキリスト教からイスラム教に宗旨替えした人は、治安機関などの調べでは250人もいることが把握されているというのだ。これは一体どういうことだろうかと、この新聞をじっくりと読んだ。

  ドイツにはイスラム移民が沢山いる。周りでそんな人と接触する間にキリスト教に疑問を持ち、イスラムの人たちが苦しめられているのでこれに手助けする気持ちになっていったということであった。ブッシュ大統領が始めたアフガンやイラクでのアメリカ軍の進攻の話を、これらイスラム教徒から聞いて考えが変わったということだ。

  キリスト教徒は我々仏教徒よりもっと慈善精神は強い。それだけにイラクのアグレイブのイスラム教徒を収容していた刑務所の話や、キューバのグアンタナモ刑務所の話で、イスラム教徒が辱めを受けたという話は、若い青年にとっては我慢ならなかったというのだろう。

  こんな面でもアメリカのブッシュ大統領が始めたアフガン、イラクへの進攻はキリスト教徒の中でも深刻な問題になっていったことが伺える。我々無宗教のものにとっても、いろいろな理由をつけて力の弱いところに入り込むやり方が間違っていたと思うが、ましてまじめで純粋な若者にとっては宗教を替えてまで行動に走るようなことまでさせたのかなと感じた。

  こんな戦争をしたおかげで、アメリカの国力の低下、世界から信用を落とすマイナスになった。日本でも小泉氏純一郎首相があの戦争を支持し、それを支持した政党もまだまだ反省はない。しかし世界の流れは先進国を別にして多くの国がこの戦争の不当性を問うている。それだけにこの戦争の困難性が増している。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

コロンビアの北部で中国の援助で建設鉄道


大西洋から太平洋に抜けるパナマ運河の代替性も

 南米コロンビアは中南米で数少ない親米国である。そのコロンビアがパナマ運河の代替的な要素を持つ鉄道建設を中国からのODA的な資金と中国の鉄道建設の実働部隊が参加して作る計画が進んでいる。そういう話を読売新聞が報道していた。これはとても珍しい話なので関心がわいたので記事を書くことにする。

  このコロンビアという国はアメリカと親しくしている。そのため反米国の隣国ベネズエラ、エクアドルといつも紛争をしている。アメリカと軍事同盟を結んでいる。アメリカが利権を握るパナマ運河の代替鉄道建設となればアメリカとの関係が悪くなる恐れがあるが、中国はともかくとしてコロンビアではアメリカの利害に抵触することで苦しい選択ではないかという気がする。

  この鉄道建設は総延長220キロで、とりあえず大西洋側で生産された石炭を、太平洋側の港まで運び、中国に運びやすくしようというものです。こんな場合中国の姿勢は内政不干渉が原則らしく、国際的な左翼国家ベネセエラ・エクアドの両国と争っていても、又国内的に左翼の革命勢力と抗争していても、これら勢力とは中国は無関係、中立の立場をとっているということです。

  原則はその国がいいということは共同してやろうという姿勢です。考え方や体制の違いにとらわれずお付き合いをする姿勢がいいと思う。私などから見るとコロンビアは親米国で問題がある国のような気がする。しかし中国はこんな国ともそつなく事業をこなしていく姿勢である。こんなことが出来ればかなりな国と仲良く生きていける気がする。

  中国のODAの資金で、中国の国営鉄道企業がこの事業をやり遂げ、コロンビアの石炭を太平洋側まで運び、お互いの国が利益を得る話を纏めている。こんな場合直接的なイデオロギーなどの影はない。その国が喜んでくれればそれがその国に寄与した評価として返って来るのである。本来の援助とはこんなものではないかという気がした。

  それだけにアメリカともコロンビアは相談したものと思う。世界の関係が利害だけで縁が結ばれたほうがいいかもしれない。あまり自分たちの勢力にとりいいとか悪いという評価が先行すると、どうしても自分たちの体制と違う選択をした国とは仲良く出来ないものだ。このコロンビア、中国の関係は大人の関係を感じた。




posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

 バーレーンにはイランとの間に領土問題が


イランはバーレーン島は自国領だと主張

 このバーレーンにシーア派のイスラム教徒が多い事に気づいていた。そしてこのバーレーンに関する新聞報道に、この島がイランが自国領だという主張をしていることも知った。しかしこのバーレーンはアメリカの第五艦隊に基地を提供していることも分かる。

  このバーレンがある場所はイランの対岸にあるホルムズ海峡にある。アメリカの第5艦隊はイラクやアフガニスタンにこの基地から出撃させている重要な基地であるというのだ。そんな意味でこのバーレーンという国はいろいろな意味で重要な役割を担っている国ということが理解できる。

  このバーレーンの王族などの支配層はイスラム教スンニ派が占め、シーア派は抑えられた存在で我慢してきた。それだけにここでのデモの主役はシーア派の人たちである。このバーレーンで王様の政権が崩壊すれば、アメリカの第5艦隊の地位に関わる問題がおきる。

  最近シーア派の中から王制打倒というような要求が出てきて王様は防戦一方になっている。このシーア派の力を押さえ込むためにシーア派の指導者をテロの疑いで手配していた人物の赦免を発表している。その人物がイギリスの亡命先から帰国して、王政は不要と発言し、シーア派の中でこんな雰囲気が高揚している。さて今後どんなことがこの国で展開するのか関心を持って注視視していくつもりである。




posted by 想念の人 at 19:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。