2011年03月15日

このときだからこそしっかりと国内世論が纏まるべき


今回の巨大地震は日本国民にとり未曾有の国難

 最後の政治家の声が聞こえたのが、大災害ゆえ政治家がこの問題にどう関わるべきかということが論議されていた瞬間であった。政治休戦して菅内閣にお任せというもの、又国会では活発な論議をすべきという話しまで聞いた。それ以後の突っ込んだ話は聞こえてこない。

  菅内閣に任せ不手際が出たらそれを攻め立て、それを政権交代への材料とされては、これは国民にとり大きなマイナスとなる。今はどんな意見の違いが大きくても日本国民なら同じ船に乗った同じ運命を持つ民族だ。みんなで知恵を出し合ってこの難局を乗り切るしかない。

  昨日の読売の社説が少し物足りないと書いたのは、今の現状認識に差があるからだろう。巨大地震よりも巨大津波の被害が深刻、その上原発の被害が見通せない。私のような高齢者はもう先がないが、これから日本で永く暮らしていかなければならない若い世代にこんな不安な国を作ってしまった。

  それは当面の経済の成長が減速するという程度の話ではない。この国で安心して暮らしていけるのかという問題をはらんでいるからだ。福島原発で起きている事態は最悪のシナリオをもたらす可能性を秘めている。それだけに同じ運命にある国民として思想・信条などあらゆる違いを乗り越えられるはずだ。

  そのためにも民放などは国民のために団結のために力を貸して欲しい。相手の立場を尊重しながらどうすればこの国難が乗り越えられるのか、その討論の場を提供して欲しい。その場合特定の考えに考えを纏めるのではなく、あくまでも国民が胸襟を開いて団結の方向に向かわせることだと思う。

  そんな方向に国民の考えが纏まっていけば、自ずとその道は開けると思う。ぜひ国民がこんな方向に纏まっていく方向に進んで欲しい。今までの論議は相手の非を責めるだけの論議だった。相手の主張を真摯に聞き合意を得る努力が大切と思う。今大事なことはこんな方向で国民が纏まることではないかと思う。






posted by 想念の人 at 17:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。