2011年11月07日

テレビでトルクメニスタンという国を知る


TBSの「世界不思議発見」という番組で

 中央アジアの国で、シルクロードに繋がる国として登場するだけで、あまりに日本人にはなじみがない。世界のいろいろな国についてどこかで知る機会があって、しかもある程度感動した時に書いておきたいと思う。このトルクメニスタンいついては、TBSの「世界不思議発見」という番組であった。

  間寛平というタレントがこの国を走ったということでゲスト参加していた。この人が日本テレビ、電通、吉本興業などの企業のプランでアースマラソンというマラソンをしたことも分かった。こんな企業の手配でマラソンの出演者という役者を演じたことだということが分かる。

  話を元に戻そう。このトルクメニスタンでは教育が無料、水道も……………と割合生活が安定しているというのだ。そのお陰は天然ガスが取れるからであることが分かる。この天然ガスのパイプラインは中国まで7000キロにわたり引かれているという。この程度のことは分かったあと、それ以上のことはウイキペディアで知識を得た。

  そういえば確かロシアとEUがグルジア問題でもめていた時、ロシアの天然ガスが欧洲に流れなくなった。このため欧洲は資源の調達先の多様化するという目的で、このトルクメニスタンが登場したことがある。私はこの国が天然ガスが豊富な国であることを知った。

  しかしニヤゾフという独裁大統領が存在して、北朝鮮のような国であることが分かる。しかしこの大統領も2006年に死亡し、今は独裁大統領がいなくなったので、かなり開放政策が行われるようになったということだ。それだけに爆発的な反発は起きていないようだ。






posted by 想念の人 at 12:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。