2011年11月17日

野田首相がAPECでTPP参加表明をした 3


日米交渉は決して対等には出来ない

 早くも対等でない側面が露呈する。野田首相が発言もしないうちに予想記事を書かれる。これに抗議して訂正を求めたと言う記事が出ていたが、どうやら外務官僚はアメリカ相手にこんな交渉を諦めて訂正などの行動をしなかったようだ。外務副大臣など政治家もいたようだが、不慣れでこんな交渉をしていなかった。

  日本国内に慎重派を抱えながらTPP交渉に参加すると言うことは、どうしても中途半端になる。アメリカからは一旦参加表明があったのだから、やるなら腹を据えてやるようにして、と思われるのは当たり前だろう。日本に取り神経質にならざるを得ないようなことでも、アメリカは意に介さない。 

 多くの日本人はアメリカと対等で外交交渉が出来るなどと思っていない。日本はあくまでもアメリカの子分的な存在で、日米同盟による恩恵を得るだけに徹してきた。そんな日本がこれまでの姿である。それだけに気に入らなければ脱退すればいいという人たちの主張は、それは決して出来ないことである。

  TPPにおいて、アメリカとの関係で日本は重要な位置を占める。それだけに国益論争などすること自体無理である。メリットがあるとすればTPPと言う共同行動をして得られるものを得ることとで、日本の国益などをあまり強く主張できるなどと言うのは幻想である。

  流れはTPPに参加し、無関税の国造りを進めることがいいことかどうかだ。こんな国際環境がいいことかどうかだ。自由貿易が進展し、更にこれを全てに適用しようと言うことだ。国の発展の違い、色々な国の内情を抱えながらもこれを進展させようとする。色々な温度差があってもいい気がする。






posted by 想念の人 at 17:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。