2011年11月28日

朝日新聞「天声人語」でも渡辺恒雄氏のことが


巷でもこの読売騒動を語ろう

 この渡辺社主の問題は、同じマスコミ仲間のこととして報道は大変やりにくいと思う。27日の日曜の番組でもこの問題を報じないテレビが殆んどで、私が見たのは朝日新聞系列の朝日放送だけだった。外国特派員協会で清武元GMが記者会見したというのに、テレビ会社は読売新聞に気兼ねして報道しなかったと見た。

  27日の朝日新聞が清武氏の外国特派員協会で記者会見した記事と単独インタビューが掲載されていた。天声人語でも渡辺代表の話が出ていた。この話はある意味でよく纏まった話だったので、本日のブログに転載しておきます。いまの日本ではオリンパス、大王製紙などの問題に加え、読売問題も話題になることだろう。

 
11月27日付 
天声人語

 12分に楽しめた日本シリーズに続き、プロ野球はストーブリーグである。契約更改や補強の傍らで、戦力外とされた選手たちが他球団の門をたたく。生活をかけた熱い冬だが、妙な煙が出始めた。▼読売グループ本社の渡辺恒雄会長(85)に反旗を翻し、巨人軍代表を解かれた清武英利氏(61)が、近く裁判に訴えると明言した。渡辺氏も先に「法廷闘争はわが方の得意とするところ。最高級の弁護士を10人用意する」と語っている。▼泥仕合に思うのは、渡辺氏の威勢である。主筆として大新聞を率いながら、球団のコーチ選びにも関わる精力尋常でない。ただ横からお見受けするに、ほとばしる自信がオール読売の印象を損ねている感がある。▼8年前の監督交代時には「読売グループ内の人事異動」と言い放ち、G党を白けさせた。翌年のリーグ再編騒動では、オーナー側との面談を望む古田敦也選手会長に「無礼なことを言うな。分をわきなえないといかん、たかが選手が」である。▼グループのご同輩にはお見舞い申し上げる。上役中の上役をめぐる報道はぎこちなくもなろう。4年前に渡辺氏が仲介した大連立劇でも書いたが、伝える側が主役になるとややこしい。▼ともあれ、有名メディアがかくも長く、一個人の絶大な影響下にあるのは穏やかな景色ではない。愛すべき先輩だって、独裁呼ばわりは不本意でしょう。「たかがコラム屋」の独り言ながら、晴耕雨読と言う道もある。






posted by 想念の人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。