2007年09月05日

藤田健君の世界ヒッチハイク74・チュニジア1


カード使えず文無し、然し陽気なアラブ人………

到着早々文無しでこの地で旅をしようというのです。並大抵の神経ではやっていけないと思う。凄い度胸がいると思う。言葉だって通じるかどうか、安宿は英語さえ通じないと思う。この情景を思い描き想像をたくましくします。野宿をやりながらの旅が出来る藤田君だからできることだと思う。この困難を忘れ
「陽気なアラブ人。ごちゃごちゃした町並み、落ち着く………」と来る。思わず私の感想を入れてしまう羽目に……。

2004年1月26日
 Tunis
船でPM10:00到着。大混雑の入国手続が終わったのは真夜中。ビーチで野宿。
1月27日
Citi Bankカードが ATM不具合で使えない。イタリアで買ったチョコをかじってしのぐ。
Hotel de Tunis (5Dinars=約\450 金がないので後払いにしてもらう)泊。
1月28日 
やっとSTB Bankの ATMで金をおろせて、一安心。より安い宿に移動。
 Hotel de la Liberteツインの相部屋でシャワーなし(D3)泊。 
1月29-31日 
陽気なアラブ人、ゴチャゴチャした街並み、落ち着く…。
 夜、ラプレビ(豆をすりつぶしたボールにちぎったパンを入れ混ぜた料理)を食べたら、隣にいた、英語の流暢な、上品そうな、おばさまに、おごってもらった。同宿泊。
2月1-2日  
イスラムの大切な祝日Aid-El-Idha。人々が羊を切って焼いている様子を時折見かける他は、シーンと静まり返っていた。ほとんどの店が閉まり、非常に困った。同宿泊。


posted by 想念の人 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。