2007年09月11日

藤田健君の世界ヒッチハイク80・チュニジア7

 
警察から2回目の職務質問。コーラもおごってくれた。

ここであった警官は割合ことが簡単に終わった。「ズワイヤや、新たな友人イメッドなんかと遊んだり、日本人旅行者と偶然会ったり、スーク(市場)を散歩したり、カフェでくつろいだりして過ごす。」「サファリアン フェステバルを見学」
「スターウオーズの撮影現場見学」などで過ごす。3月27日の「パノラマの道中。独特の洞窟住居」とはどんなことか、想像をめぐらす。

 
3月21日
 Douiret > Chenini [徒歩]

  21km歩き、少し疲れた。やはり大規模な遺跡群があり、岩山とヤシの木のハーモニーが美しい村。ここでも警察から職務質問。短く済んで、コーラもおごってくれた。その後、売店へ食糧を買い求めに行くと、パンとヨーグルトを無料でくれた。小屋の上で野宿。

3月22日
 Chenini > Tataouine [徒歩]
  途中、崖の上でピクニックしている学生達に呼ばれ、クスクスを御馳走になった。

 荷物を預けていた、Hotel Ennourへ戻る。

3月23-25日 

 ズワイヤや、新たな友人イメッドなんかと遊んだり、日本人旅行者と偶然会ったり、スーク(市場)を散歩したり、カフェでくつろいだりして過ごす。

 ちょうどInternational Saharian Ksar Festivalが開催されており、民俗衣装に身を包んだ戦士たちが、馬に乗って走り鉄砲を撃つパフォーマンスなどを見た。同宿泊。
3月26日
 Tataouine > Ghomrassen [車] ヒッチ

 6km歩いて、映画 Star Warsのロケ地となったともいうKsar Hadadaを訪れる。

  Ksar Hadada > Beni Khedache [車3台] ヒッチ
 景色のきれいな山道を越えて、Ksar Hallouf着。親切な村民の家の横で眠らせてもらい、夕食まで出してもらった。
3月27日
 Ksar Hallouf > Matmata [ヴァン3台 & オートバイ] ヒッチ
 パノラマの道中。独特の洞窟住居。カフェの裏で野宿。
3月28日
 Matmata > Douz [ヴァン] ヒッチ
 砂漠のツアーへの観光拠点の町なので、ラクダ・ツアーの客引きがものすごく多い。俺はそれを断り、2km自分の足で歩いて白い砂の海を見てきた。
 午後から砂漠らしからぬ雷雨。土産屋の前で寝させてもらい、茶も頂く。
 
 


posted by 想念の人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。