2007年09月12日

藤田健君の世界ヒッチハイク81・チュニジア8

 

女学生が真直ぐな髪はどんなシャンプー使って?と質問


この1週間で3回の警察の尋問を受ける。宿泊を阻止されたり、泊めてくれたり悲喜こもごも。アフリカの女性の悩みは縮れ毛でしょうか、19歳の女学生の質問がおもしろかった。
 

3月29日
 Douz > Tozeur [車 & ヴァン & ジープ] ヒッチ

 道中Chott Jeridaと呼ばれる塩湖は、日本では見られない珍風景。
 独特のレンガ造りの建造物が建ち並ぶ町。Hotel Essaâdaシングル(D5)泊。
3月30日
 Tozeur > Chebika [車4台] ヒッチ
 隆起した地層のうねりが大迫力。水晶のような石をたくさん拾った。

 Chebika > Tamerza [トラック] ヒッチ

 閉業したレストランの軒先で野宿。
3月31日
 Tamerza > Mides [徒歩]
 10km歩き、その壮大な渓谷美を鑑賞。スケッチも楽しむ。
 Mides > Redeyef [ヴァン] ヒッチ
 この町で地元の人と仲良くなり、彼の家に招かれ茶菓子を頂き、いったんは泊めてもらうことになったが、例によって警察によって阻止されてしまった。
 Redeyef > Moulares [Chebikaで乗せてもらった同トラック] ヒッチ
 深夜に着いたこの町で、マヘルと知り合い、今度は無事、泊めてもらった。
4月1日
 Moulares > Gafsa [車] ヒッチ
 Hotel El Bechirシャワーなしシングル(本来D5>連泊でD3に割引)泊。
 
4月2-5日

 ヤシの木の生い茂るオアシスの町で、のんびりと過ごす。

 19才の女学生に、俺の日本人独特のまっすぐな髪はどんなシャンプー使っているのか、きかれた。ただのセッケンなのにネ…。

 またもや警察に職務質問。パスポート &所持金チェックされた。同宿泊。

4月6日
 Gafsa > Bir El Hafey [ヴァン] ヒッチ
 この村で、村民の家に昼食に招待されて、少しくつろがせてもらう。
 Bir El Hafey > Oued Maiou [トラック] ヒッチ
 
ヒッチ中にも、警察から取調べを受けた。またしても村人に夕食頂き、泊めてもらった。
 


posted by 想念の人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。